教室運営ノウハウ

【社会人から目指す教室開業】働きながら資格取得する方法とは

社会人になってから自分が本当にやりたいことが見つかることはよくあることです。 そのような時に今までの経験からできることを探す人も多いですが、思い切って新しいことに挑戦してみるのも良いですよね。 その中で人に関わる仕事として、人に何かを教える仕事をしたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。 働きながら人に教えられる資格を取得する方法についてご紹介します。

働きながら 資格

2018年04月22日更新

わたしのお教室(マガジン編集部)

  • fb
  • line

働きながら資格取得はできる?

働きながら 資格
社会人は時間がないイメージがありますよね。資格取得の内容によっては独学で学べるものもあります。しかし、資格の中でも講師の資格が取得できるなど難しいものや実技もできなければいけないものは、学校や資格取得講座などに通わなければ資格を取得することが厳しくなってしまうかもしれません。

したがって、働きながら人に教えられるようになるまでのスキルを身につけられるかは、ある程度時間をかけて資格の学校や教室に通うことが前提となります。

もちろん、資格を取らなくても講師になれる内容のものもありますが、資格を持っていることは自分の強みとなるので、資格を取得しておいて損はありません。講師の仕事に興味があるけれどまだ具体的に何を教えるか決めていないという方は、是非今の生活でも無理なく取得できる資格に挑戦してみてはいかがでしょうか。

働きながら資格を取得するには何が必要?

働くということは自分の自由な時間が少なくなるということも意味していますよね。アルバイトやパートであればまだ自分の自由な時間を確保したり予定を調整することもできるかもしれませんが、基本的に正社員や契約社員、派遣社員の場合にはフルタイムの勤務であることがほとんどで、自分の自由に時間を作ることが難しいと言えます。

そのような忙しい社会人が資格取得するために重要な3つのポイントをご紹介します。

お金

資格取得をする際に必ず発生するのが資格取得のための費用です。

資格には安いものももちろんありますが、学校に通って取得をするような資格は高額になりがちです。そのため、今働いているとは言っても貯金を崩さなければいけない可能性が高くなるので、事前に資格取得することを見据えた金額を準備しておかなければいけません。

その金額を用意できなければ資格を取得するタイミングがどんどんずれていってしまう可能性も高くなるので、できるだけ節約をするなどの努力もしたいですね。

時間

働きながら 資格
働いている社会人で最も難しいのが、時間を確保することです。フルタイムで働いている社会人は仕事の時間が決まっているため、資格取得で学校に通うために会社を休む訳にもいきません。夜だけ受講できるような学校があったとしても、残業があったら多くの会社では残業を断ることができないでしょう。

更に、シフト制の仕事ではもっと大変で平日の毎週同じ曜日の同じ時間など、決まった時間を空けることも厳しいことが多いですよね。だからこそ、社会人が働きながら資格を取得するために時間を作ることは大変だと言われています。

内容によっては通信講座などを利用することもできますが、実技が必要な場合は通信講座では不安な面も多く、通学するのがベストです。土日もやっている学校に申し込んだり、予約制で自分で時間を選べるような講座に申し込めるというスタイルのものが社会人には合っています。

体力

働きながら資格取得をすることは、体力が必要なことでもあります。

資格取得は好きでやっていることかもしれませんが、慣れていないことを学ぶことがストレスになったり、時間を拘束されることで疲れも出てきやすくなってしまいます。そういった意味でも、体力がない場合には働きながらの資格取得は少し現実的ではないかもしれません。

しかし、ほとんど残業がない人できちんとオンオフを切り替えられる場合には、働きながら資格取得を目指すこともできるでしょう。資格取得をする時には自分の体と相談し、詰め込んでも問題なさそうだったら働きながら効率良く資格取得を目指すのがベストです。

働きながら取得できる資格とできない資格がある!

働きながら 資格
一度仕事を辞めて資格取得をするのは楽ですが、資格取得のために職歴に空白期間を空けてしまう不安があったり、資格取得や生活のためにはお金がかかるといった意味でも、そこまで思い切ったことができないという人は多いです。

資格の中には働きながらでも取得できる資格とできない資格があり、働きながら資格を取得したいという人は働きながら取得できる資格に絞って取得する資格を決めていく必要があります。まずは、働きながらできる取得には何があるかを知るところからスタートしてください。

働きながらでも取得可能な資格

働きながらでも取得可能な資格には予約制のスクールで学べる資格や、独学で勉強するだけでも良く学校に通うことが必須とされていない資格があります。

このような資格を狙う場合には、月曜日から金曜日まで長時間拘束されるような学校に通う必要はありません。だからこそ、時間を有効に使って資格を取得しやすいといったメリットもあるのです。

フラワーアレンジメント

生花やプリザーブドフラワーなどお花の資格は幅広いですが、いずれの資格も自分のペースで学校に通うことができたり、予約制でレッスンを受けることができます。働きながらでも取得しやすい資格の1つとなっていて、協会によっては3日間でインストラクターの資格が取得できる短期集中コースもあります。

時間がない人には最も効率が良い資格取得方法にも思える短期集中コースですが、実はこれは趣味として資格を取得する人以外にはあまりおすすめできません。なぜなら、3日間では基本の全てを学んだり身につけたりすることができないからです。

やはり、将来人に教えたいと思っている人には詰め込み型の講座よりも、ある程度の時間をかけてしっかりと学んでいく形の方が合っています。

短期集中コースは金額も安いですが、授業を受ける1日あたりの料金として考えるとあまりお得感はありません。その期間しか先生に実技を見てもらえないということを踏まえ、教室開業を目指すならできればゆっくりと先生に相談しながら色々なことを学べるコースを選ぶのが良いでしょう。

英会話

英会話の資格の代表的なものにはTOEICや英検などがあります。

英語の難しいところはまず単語や熟語を覚え、文法を覚え、リスニングやライティング、スピーキングまでできなければ習得できたと言えない点です。その英語がどこまでできるかを判断する基準となっているのが最近ではTOEICとされていて、TOEICの点数が高ければ高いほどビジネスでも通用する英語ができる人物だとみなされます。

英語は1年程度留学をしなければ話すことが難しいとも言われていますが、国内で勉強するだけでも英語力は身につくので安心してください。

英会話教室は予約制であることが多いので、働きながらでも英語を学ぶことは可能です。また、英会話教室には日本人の先生もいますが、ネイティブの先生もいます。英会話教室に通うことでネイティブスピーカーと会話をする機会を定期的に作れば、自分の英語力もどんどん向上して資格試験でも高得点を狙えるでしょう。

働きながらでは取得できない資格

働きながらでも取得可能な資格もある一方で、一定期間は学ぶことを優先しなければ習得ができない資格もあります。その資格の特徴は絶対に失敗が許されない医療系やすぐに習得することが難しいこと、チームを組んで練習が必要なことなどです。

民間資格では取得できるものが多いですが、国家資格では働きながらでは取得できない資格も多いです。具体的にどんな資格が働きながら習得できないのかを見ていきましょう。

看護師

看護師は手に職をつけたいと思って取得する人が多い資格です。人の命に関わる重要な職種であるとともに、授業で学ぶために使う専門的なものも限定的なところにしか置いていないため、働きながらでは看護師の資格は取得できません。

看護師になりたいのなら、ひとまず会社を辞めて学校に通う覚悟を決めましょう。看護師以外に大学に6年間通って学ぶ必要がある医師や薬剤師にも同様のことが言えます。

美容師

美容師も働きながらでは取得が難しい資格です。ただし、美容師には日中専門学校に通う方法以外に美容院で実際にアシスタントとして経験を積みながら通信教育で学ぶという方法もあるので、グレーゾーンです。

また、学校によっては夜間の授業をしているところもあります。通信教育の場合は3年間と通常よりも多くの時間をかけて資格取得を目指すことになります。

美容院以外の仕事をしながら資格取得を目指すのは難しく、スムーズに資格を取得するなら美容院で経験を積みながら通信教育を受けるか、スタンダードとなっている専門学校に通うかというのが近道となります。

将来人に教えることを目指す社会人におすすめの資格って何?

働きながら 資格
将来教室開業をする目標があるなど人に教えることを目指す社会人が働きながら取得するべき資格にはどんなものがあるのでしょうか。働きながら講師を目指すなら、こちらの資格がおすすめです。

英会話

英会話は子どもから社会人までに需要が高い習い事の一つで人気があり、教えるのにも少人数の講座にするなら道具や広いスペースが必要ないことからもおすすめです。

英会話にも種類があって子ども向け、日常会話を話せるようになりたい初級者向け、TOEIC対策など色々な授業ができます。特に、TOEICを受験した人ならTOEIC対策では高得点を取るためのコツや裏技なども伝授できますよね。

ネイルスクール

ネイルスクールは働きながら通い、資格取得を目指すことができます。ネイルの資格を取得した後はネイリストに転職することもできますが、ネイルスクールを開業するのも良いことです。

ネイルは社会人の女性全員がしているものではありませんが、美意識が高い女性にはとても人気があります。毎回ネイルサロンに通うのは費用がかかるから自分でできるようになりたいと思う女性も多く、生徒のターゲット層としてはネイリストになりたい人だけでなく、セルフネイルを上達させたいという人も見込めます。

ネイルのデザインには色々なものがあるので、働きながら自分自身がネイルスクールに通い、できるだけ技術を多く身につけることが大切です。もちろん、将来は自分自身がネイルサロンとネイルスクールを両立させるということも目指せます。

料理

料理教室は夜にレッスンをしている教室もあり、そういった料理教室では資格取得を目指すといったコースに申し込むこともできます。

料理は生活に欠かせないものでもあり、調理師などの国家資格がなくても教室開業ができるものです。料理人としてのプロを目指すなら専門学校に通う必要があるかもしれませんが、料理教室を開業して人に教えたいと思っている程度であれば、料理教室に通うだけでも十分でしょう。

料理教室では基礎から料理を学ぶこともでき、見栄えの良い盛りつけ方までを学ぶことができます。

料理を趣味としている人も多く、最近では主婦だけでなく料理を学びたい男性までが料理教室に通っています。集客をする際には男性OKの教室にすれば、かなり多くの生徒を集めることができるでしょう。

予約制の資格でも注意!試験日は絶対に空けること

働きながら 資格
社会人が働きながら資格を取得することは時間の都合を考えると厳しいのではないかと思い、諦めてしまっている人も多いですよね。しかし、社会人でも挑戦してみたい資格があったら、積極的に今働きながら挑戦できる資格なのかを調べてみるべきです。そして、将来人に教えたいと思っていたら、人に教えるのにも適した資格かも考えてみると良いでしょう。

教室開業のために資格を取得するなら自分の好きなことでないと意味がないので、いきなり資格取得に挑戦できる教室を探すのではなく、少しの期間習い事として続けてみてから判断するのもおすすめです。

社会人が働きながら資格を取得するにあたって注意しなければいけないのは、授業の時間は予約制で調整できるとしても、肝心の試験日が仕事の日と重なっていないかということです。仕事の日と重なっているようであれば、試験の方が大切なので有給を取得するなどしてその日だけは絶対に空けられるように事前に予定を調整しておきましょう。

資格は将来の教室運営という目標の第一歩となるので、自分の教室を開業することを考えている人は、是非働きながら勉強してみてはいかがでしょうか。

  • 関連するキーワード