スマホ教室の開業にあたって必要な考え方やレッスン内容とは?

暮らしに便利さをもたらしたスマートフォン。しかし、今では需要のあるスマホとはいえ、一部のユーザーからしてみれば、まだまだ知られていない機能や活用法があったりします。最近では、そんなスマートフォンの操作や便利な使い方を教えるお教室の開業が人気です。ここでは、パソコン教室との比較でスマホ教室で教えるべきレッスン内容やカリキュラムについて紹介していきます。

スマホ 教室 開業

2018年03月19日更新

教室運営ノウハウ

わたしのお教室(マガジン編集部)

  • fb
  • line

スマホ教室を開業するメリットとは?

スマホ 教室 開業
スマホ教室と似たレッスン内容に、パソコン教室の存在が挙げられます。パソコンは、ビジネスで役に立つツールとして社会に定着していますが、プライベートではスマートフォンが日常的なツールとして活用されています。ここでは、スマホ教室を開業するメリットについて紹介していきます。

身近なツールであるスマートフォンのお教室は需要がある

今の暮らしでは、スマートフォンの利用が一般的と言えます。例えば、ビジネスにおける電話連絡やメールのやり取りもスマートフォンで行われていますし、プライベートでも待ち合わせの連絡などで使われていたりします。そんな、暮らしに便利さをもたらすサービスを教えていくのがスマホ教室ということになります。

つまり、需要のあるスマートフォンは、レッスンに来てくれる生徒さんの数を見込めるお教室のひとつと言えます。

悪質なネット詐欺に対する安全を促す講座

スマートフォンを常に持ち歩くことが当たり前になった今、スマホ利用者の需要が増えるのと同時に増加しているのが悪質なネット詐欺です。スマホ教室と聞くと、まだ使ったことがない人向けの基本操作などのレッスン内容が挙げられるかと思いますが、悪質な詐欺への安全を促すお教室として開業することもおすすめです。

既にパソコン教室を開業している人

スマホ教室で教えるレッスン内容は、操作方法にこそ違いはありますが、内容が似ているパソコン教室を開業している人にもおすすめです。つまり、既にパソコン教室を開業している人は、初めて開業する人よりも比較的導入しやすいカリキュラムとなります。

このように、スマートフォンを対象とした講座を開催する教室としてのみならず、複数のカリキュラムの一部として、スマートフォンに関するノウハウを教えるレッスン内容を事業の一環として含める方法もおすすめです。

スマホ教室を開業するのに必要なものとは?

スマホ 教室 開業
スマートフォンのことを教えるお教室ということもあり、経営者として提出しておく必要のある書類や運営場所を決めることも開業に当たって必要になってきます。ここでは、スマホ教室を開業する上で必要な書類やカリキュラムの作成方法について紹介します。

開業届けなどの書類

どのお教室でも同じことが言えますが、お教室の開業に当たって、必要となるのが開業届けになります。開業届けは、収益に対する所得税の減税を行うことができる書類となります。その他にも青色申告書などがあります。提出する場所は、開業するスマホ教室の最寄りの税務署となります。

開業するに当たって、レッスンを行う場所を決めてから提出するのが開業届けということになります。

開業場所の決め方とは?

開業届けの提出前に決めておく必要があるスマホ教室の開業する場所。開業する場所は、自宅やテナントが考えられますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。ここでは、場所ごとに開業する魅力について紹介します。

自宅で開業する場合

スマホ教室を自宅で開業する場合、少ない資金で経営できるメリットがあります。例えば、多額の費用がかかる運用費の支払いは不要で、家賃だけの支払いでお教室を経営できることが考えられます。よって、マンツーマン形式で気軽なスマートフォン教室を開業したい人向けの場所選びに自宅はおすすめと言えます。

また、備品に関してはホワイトボードやパソコンが挙げられます。パソコンに関しては、スクリーンを用いてプレゼンによる説明を行うものとして活用できることが考えられます。生徒さんにとって分かりやすくて、居心地の良いお教室作りを目指しましょう。

テナントで開業する場合

開業する場所を選ぶ場合、テナントを借りてお教室を経営する方法もあります。例えば、たくさんの生徒さんに集まってもらいたい場合には、広い空間が必要です。そのような場合に、自宅よりも広い部屋を借りることができるテナントはおすすめです。

また、部屋毎によって、違うレッスンを教える場合も複数の部屋を用意できるテナントの方が向いていることが考えられます。開業するスマホ教室の規模に応じて、借りるテナントを選ぶようにしましょう。

カリキュラムの作成やレッスン料の設定

スマホ教室に参加する生徒さんにとって、学びたい知識は十人十色です。例えば、初心者であれば電話の使い方やメール操作の方法。上級者であれば、それらを効率よく使うための活用法が知りたい人もいらっしゃいます。このようにレッスンを受ける生徒さんの1人1人に合ったカリキュラムを作成する必要があります。

また、スマホ教室の場合、英会話教室や音楽教室などとは違って、長期的なレッスンではなく、1つの悩み事だけを解決させたい短期的なレッスンを希望する人もいらっしゃいます。例えば、連絡先への登録方法のみを知りたい人もいらっしゃるということです。そのような人にとって、負担のかからないレッスン料金を考える必要があるのもスマホ教室です。

スマホ教室では具体的にどんなことを教えればいいの?

スマホ 教室 開業
スマホ教室といっても全ての生徒さんが学びたいと思うレッスン内容は異なります。例えば、初心者の人と上級者の人では、スマートフォンに対する考え方に大きな差があるため、同じレッスンを受けさせて挙げることは好ましくないことが考えられるからです。

ここでは、スマホ教室を開業する上でカリキュラムに含めたいレッスン内容の具体例をいくつか紹介します。

基本操作

スマホ教室には、まだスマートフォンを使ったことがない生徒さんが来ることも考えられます。そのような人に、まずは教えるべきものが基本操作になります。例えば、電源のつけ方や連絡先を登録する方法などです。

そして、ガラパゴス携帯(いわゆるガラケー)を使用していた人がスマートフォンに切り替えるケースが多く見受けられ、受講する生徒さんのほとんどがスマートフォンユーザーだと言えるでしょう。スマートフォンとの操作方法の違いを説明する上で、ガラケーへの知識も必要になります。

インターネットの使い方

スマートフォンを持つことで暮らしに便利さをもたらすものに、インターネットの活用が挙げられます。例えば、知りたいニュースや観光地を探す場合は、インターネットで調べものをすることができます。電話やメール操作も基本的な操作内容と言えますが、スマートフォン内におけるインターネットの使い方も基本操作に含まれることになります。

パソコンで調べものをする時と同じような方法でスマートフォンでも可能にしてあげられるようなレッスンを行うようにしましょう。

アプリケーションの存在

基本的な操作である、電話やメールはアプリケーションとして使用することになります。よって、アプリケーションの概念を教えることが大切になります。また、生徒さんがスマートフォンでどのようなことができるようになりたいのかについての質問を受けた際は、要望に答えることができるだけのアプリケーションに関する知識も必要になってきます。

例えば、SNSであるLINEを学びたい生徒さんがいるのであれば、連絡先の登録方法や送信のやり方などを教える必要がありますし、スマートフォンで本を読めるようになりたいと思う生徒さんがいるのであれば、電子書籍のダウンロード方法を教える必要性があります。

このように、需要のあるアプリケーションの操作方法を一通り理解した上で、レッスン内容を考えて行く必要があります。

機種の違いについて

どのスマートフォンに関しても、基本的な操作こそは変わりはありませんが、機種によって違いが見られます。例えば、同じ電話やメール操作が可能なAndroidとiPhoneは似ていますが、操作方法が異なる場合があります。このように、生徒が持っているスマートフォンは1つ1つに違いがあるため、教えるに当たってそれぞれの機種に対する詳しい知識が必要とされます。

スマートフォンの月額費用など

スマートフォンの種類は、多種多様で使い方が異なりますが、お値段にも違いが見られます。例えば、スマートフォンに関する魅力あるサービスが利用できる場合でも、お値段的に躊躇してしまい購入に踏み切ることができない生徒さんが相談に来るケースも考えられます。

また、使う容量によっても月額費用が変わるため、頻繁に利用する人とそうでない人とに対して同じ教え方をすることができません。その人にあった、プランの選び方を教えてあげるだけの知識も必要とされます。

セキュリティに関する設定方法

スマホ 教室 開業
最近では、ネット上の操作によって悪質な詐欺被害に遭ってしまっている人もいらっしゃいます。被害に遭えば、個人情報の流出のみならず、多額の請求書などが送られてくるケースもあることから、これらを対策する方法を知りたいと思う生徒さんもいらっしゃいます。

また、これらを事前に防ぐことができるアクセス制限といったセキュリティ操作のみならず、具体的にどのような悪質な詐欺被害が起こりうるのかも教えることも大切です。例えば、偽物のショッピングサイトの存在や個人情報の登録などが挙げられます。

これらの詐欺サイトの特徴やセキュリティに関する設定方法を教えることができる知識も安全を促すスマホ教室を開業する場合には必要とされます。

パソコンとの違いについて

スマートフォンに関しては初心者であっても、パソコンは使える人はいらっしゃいます。そのような生徒さんは、パソコンとの比較によるスマートフォンの説明によって、レッスン内容への理解を得てもらいやすくなる場合が考えられます。

そして、パソコンとの連携で便利になるスマートフォンの機能もあります。例えば、機種変更に伴うバックアップの操作の際は、パソコンが用いられることになります。このことから、パソコンに関する知識も必要とされるのがスマホ教室を開業する上でのポイントとなります。

ビシネスにおける活用法

「オフィスワーク」という言葉が一般的であるのと同時にパソコンを使ったビジネスというものも当たり前の時代と言えますが、連絡のやり取りではスマートフォンで行われたりもします。このことから、仕事でも活かすことが可能なスマートフォンの機能を活用したいと思う生徒さんも足を運びにくる可能性が考えられます。

例えば、仕事のスケジュール管理やSNSの活用法などが挙げられたりします。そのような機能を活用したい人向けのカリキュラムを用意しておくことも、スマホ教室を開業する上で、おすすめと言えます。

人気のスマホ教室にするにはどうすればいいの?

スマホ 教室 開業
人気のあるスマホ教室を目指す上で、教えるレッスン内容も大事なことですが、宣伝力も必要とされます。多くの人で賑わうような、人気お教室を目指すからには、たくさんの人にレッスンの魅力を知ってもらう必要があるからです。ここでは、たくさんの生徒さんを集める集客の方法について4つ紹介します。

紙面の広告や看板

スマホ教室にたくさんの生徒さんに来てもらうための宣伝方法に紙面の広告や看板などが挙げられます。例えば、お教室の前の道を通りかかった人でも理解できるような、広告や看板を作っておく方法もおすすめです。お教室に設置した看板の近くを通りかかった人がレッスンを受けなくても、確認した人が多くの友人などに、その情報が伝わっていくことも考えられるからです。

今では、インターネットによる宣伝や集客方法が一般的なのかもしれませんが、このような看板の設置で人を集める方法もおすすめと言えます。

ホームページを作成する

スマホ教室の開業に当たって、作っておく必要があるのがホームページになります。なくても開業することはできますが、インターネットで詳しいことを知ってからレッスンを受けたいと考える人も多いことからホームページの作成はおすすめです。

また、ホームページを作成する場合は、WEB媒体を専門に扱っている業者に作ってもらうこともできるようになっています。そのような方法であれば、専門家の視点による魅力あるホームページの作成が行われることになりますので、集客効果に期待できるサイト作りができるようになります。

スマホを使うことの魅力を伝える

ホームページを使ったお教室の宣伝によって、開業するスマホ教室の存在を知ってもらうことはできても、レッスンを受けるメリットを理解してもらえなければ生徒さんが集まらない場合があります。例えば、ただキャッチフレーズを掲載するのではなく、レッスンを受けることによって具体的にどのようなメリットが生まれるのかについて考える必要があります。

お教室のことを気になった人は、インターネットで詳しい内容を確認してから入会することになります。その人にとっても分かりやすいレッスン内容や料金などの内訳もしっかり掲載するようにしましょう。

広告サイトで宣伝してもらう

インターネット上に関しては、ホームページを立ち上げておくことも十分な集客効果を得ることができますが、広告サイトでお教室の宣伝をしてもらう方法もおすすめです。広告サイトも多種多用で、大きな費用をかけずにお教室の魅力を宣伝してもらうことができる場合もあったりします。

このように、あらゆるサイト先でお教室の魅力を知ってもらうきっかけを作っておくことで、宣伝効果を高めることができるようになります。

スマホ教室の開業に必要とされる4つの考え方とは?

スマホ 教室 開業
レッスンの内容や教え方が違う英会話教室とスポーツスクールの両者が存在するように、スマホ教室にも特有の教え方が必要とされます。ここでは、スマホ教室の経営に向いている4つの考え方について紹介します。

普及率の高いスマホでも、誰でも最初は初心者

どんなに需要のあるスマートフォンであっても、使ったことがない人からすれば無知の状態です。例えば、専門用語を説明で使う際や複雑な操作が必要とされる場合には、理解しやすいプレゼンテーションの作成やホワイトボードを使った解説をする必要があります。このように、初心者に対しても優しく丁寧に教えて行くことが大切です。

新しい情報へのアンテナを張っておく

スマートフォンは、次々と新しいスマートフォンの販売が行われているため、常にアンテナを張っておかないと新しい機種の使い方や機能を把握できす、レッスンを行うことが難しくなるケースが考えられます。例えば、最近では格安SIMと呼ばれるスマートフォンも人気を集めています。

生徒さんは、新しいスマートフォンへの操作ができないために、お教室へ足を運んで来てくれている場合も考えられます。常に、スマートフォンに関する新しい情報へ対応できるようにアンテナを張っておくことも大切なことです。

開業する場合はターゲティングを決める

自宅の場合、規模がそんなに大きくないことが考えられます。よって、たくさんの生徒さんを集めるのではなく、ターゲティングを絞る必要があります。例えば、ご高齢向けのスマートフォン講座にするのか、もしくはスマートフォンの安全教室の講座として開講するのかどうかを決める必要があります。

また、ターゲティング次第で、宣伝する内容や必要な備品、カリキュラムなども明確に決まってきます。どのお教室を開業する場合にも同じことが言えますが、お教室へ来てくださる生徒さんのターゲティングを決めておくことは大切なことです。

唯一無二のレッスンを行う

スマホ教室を受けにくる生徒さんは、機種変更に伴うデータのバックアップや引き継ぎに関して、相談する人がたくさんいらっしゃいます。データに関しては、個人情報ということもあり、端末キャリアのサポートセンターなどでは詳しい説明が受けられないことが考えられます。

つまり、スマートフォンを専門に扱っているお店では聞けないレッスン内容を知りたがっている人も多いということです。このように、他では実施されていないサービスを積極的にレッスンに取り入れて行くことで、たくさんの生徒さんを集めることができる場合があります。

自分のお教室でしか学ぶことができないレッスン内容で、スマートフォンに関して、たくさんの人が抱える悩みを解決できるお教室を作って行くことも大切なことです。

ライフスタイルを充実させるスマホ教室を開業しましょう

スマホ 教室 開業
スマホ教室に訪れてくれる生徒さんの悩みは、1人1人に違いがあり、それぞれの悩みを解決してあげられるだけの知識や技能が必要と言えます。また、スマホ教室の場合、パソコン教室のようなMOSやP検の資格がありません。よって、生徒さん達が安心して通ってもらうお教室を目指すからにはホームページなどによる宣伝力が大切になってきます。

そして、スマホ教室とはいえ、人に教えていくからにはたくさんの知識が必要になります。生徒さんにとって、価値のある学びを教えることができるスマホ教室を目指すようにしましょう!

  • 関連するキーワード