初心者が勝てるまでわかりやすく指導「タケルFXスクール」

「日本はFX取引大国。日本人のFX取引額は世界一位。そして9割が負けています。でもうちの生徒さんは8割が勝つんです。」 そうおっしゃるのは、野口健幸(のぐち たけゆき)先生。設立3年目を迎え、口コミで200名もの生徒さんが集まったという「タケルFXスクール」の代表理事です。海外のFX取引はプロトレーダーがメインなのに対し、日本では多くの一般人がFX取引に参加しているのも特徴だと言います。FX投資はオンライントレードが主流なので、スクールもオンライン教育と思いがちですが、対面の指導を重視しているという野口先生。スクールでの教育方針とその運営について伺いました。

2017年11月06日更新

趣味・仕事・起業

野口 健幸(一般社団法人 日本FX教育機構 代表理事)

  • fb
  • line

日本はFX取引大国。しかしその全体成績は…

「日本はFX取引大国。日本人のFX取引額は世界一位。そして9割が負けています。」

そうおっしゃるのは、野口健幸(のぐち たけゆき)先生。設立3年目を迎え、口コミ中心で200名もの生徒さんが集まったという「タケルFXスクール」の代表理事です。

「でもタケルFXスクールの生徒さんは8割が勝つんです。うちの生徒さんの7割は投資の初心者、そして女性比率も7割です。タケルFXスクールのFX投資は『考えない投資術』。ルールがあるのでその通りやるだけです。」

考えない投資術、1日10分でOK、勝てるようになるまで指導…素人には勝つのが難しいと言われるFX。それでも投資先として魅力を持っているのは、いったいどうしてなのか。本当に勝てるのか。FXのプロでいらっしゃる野口先生に直接ご質問するチャンスなので、ライターの小林がたっぷりとお話を伺ってきました。まずは先生によるパワーポイントのプレゼンです。

なぜ「FX」投資なのか?

―先ほど、“FX経験者のうち実に9割の人が負けている”と書いてありましたが…投資先としてリスクもあるFX取引を選ぶメリットはどこですか?

「たしかに負ける人が多いですね。きちんとしたトレーニングを受けずにいきなり自動車に乗って道路に出て事故を起こすようなものです。FX取引はスピードが出る自動車のようなもの。スピードが速ければ事故も起きやすい。だからタケルFXスクールでは運転教習所のように、道路に出す前に教官がついて教習所から出さない時期を持つ。人によっては勝てるようになるまで。そうしないと大きな事故を起こすからです。」

―まずは基本的な質問で申し訳ないのですが、FX取引と外貨取引の違いをひとことで教えてください。

「FXは外貨取引よりも儲かります。FXと外貨取引の違いはまず、手数料です。取引金額に対して高いレートの手数料を取られる外貨取引からすれば、FXの取引手数料は圧倒的に低いですから、そこがまず違います。そして、複利です。FXのいいところは複利で増やせるところ。少額のお金でやれるし、早く儲かります。ルールを覚え、稼ぐ力を身に付ければ、同じルールを守って繰り返すことでお金が増えていく。そこが複利の良さです。」

―FX投資と複利について詳しく教えてください。

「投資の中で複利を利用できるのはFXだけです。自分の銀行口座にどんどんお金が入ってきて、それをまた再投資できる。株なら利益を出すのに年単位、不動産は償却に5~20年かかります。FXは1日とか1週間で利益が手元に入ります。だからそれを元本に足していける。複利でどんどん増やせる。」

「たとえば30万円が1週間ごとに6%づつ増えると1年で600万円、20倍に増える。私がFXを車に例えるのはこのためです。徒歩なら時速4km、車なら80km出せる。車があるなら、乗るべき。ただし、スピードが出れば事故が起きやすいというのもわかっていなくてはなりません。FXの技術を地道にトレーニングを通して身に着けようということです。」

「考えない投資術」の秘訣とは?

―「考えない投資術」について具体的に教えてください。

「テクニカルチャート上で『形』を探す、という直観的なやり方です。誰でも探せる典型的な『形』があるので、そのサインが出たら買うだけ。知識は要らない。直観は大事です。やれば磨かれていく。どちらかというとメンタルのほうが重要です。タケルFXスクールでは“FX取引は知識1%、メンタル99%”と言っています。」

―もっと数字だらけの分析をするのかと思っていました。メンタルトレーニングに重点を置いているのですね。

「勝つと有頂天、負けると落ち込んでしまうメンタルではFXはできない。メンタルトレーニングで自分の口癖を直す。言葉が変わる→意識が変わる→考え方が変わる→行動が変わる→自分の理想を手に入れる。この循環を一巡ではなく深めながら繰り返していく。これらは私の著書の中に書いてあります。タケルFXスクールで学ぶことの半分はメンタルトレーニングです。」

(野口先生の著書。amazonランキングで投資・金融・会社経営部門1位となった『FXで幸せになる、超カンタン、これだけ!FX初心者の主婦できもできた成功者の実例付』と、有隣堂売上ランキングで総合第3位になった『人生は「口ぐせ」でまるごと変えられる。奇跡は、あなたの「ひと言」から始まる!』)

オンライントレードを対面で教える理由

―タケルFXスクールさんは地価が高い東銀座に、立派なお教室をお持ちです。オンライントレード時代にわざわざ教室でスクーリングなのですね?

「オンライン教育では伸びないですね。車の運転をオンライン教育でやって伸びるか、という話です。自分で練習できるごくわずかのひとだけ。だから手間暇かけて教室を作って、対面で指導します。マンツーマンに近い形を目指しています。」

―生徒さんの顔と名前も一致してますか?

「現在200名いる生徒さん全員の顔と名前が一致するのは最低限のライン、もっと細かく一人一人とつきあっています。現在、5人の先生がいますが、全員との間でミーティングをして、各生徒さんの学習進捗状況を相談したりしています。その先生方も私のスクールの受講生だった方ばかりなので、どれぐらい信頼関係が出来るか、わかってもらえるでしょうか(笑)。」

―そんなにたくさんの生徒さんがいらっしゃるんですね?どのように募集なさっているのですか?

「おもに口コミです。FXに悩んでいる人は多いから1日10分で勝てるとなると、みんな興味を持つんです。」

「投資」が夢や生活を支える時代

―生涯を通して収入が伸びていた時代が終わりました。でも自分が手にしたい金額は家族が増えたりすれば大きくなります。その収支ギャップを埋めるために投資をするべき、ということですか?

「そうそう。そこにみんな気づけばと思いますよ。FXがある、って。節約には限界があるから。きちんと勉強してトレーニングをすれば、10~30万円で始められます。最初はその金額も実際の市場ではなく『デモトレード』というバーチャル市場でやります。初心者は危なくてしょうがないから。副業が出来ない公務員も投資は出来ます。僕も元々公務員ですから。FXで勝ってこのスクールを立ち上げました。」

―てっきり金融畑のかたかと…ちなみに、どんなお仕事をなさっていたのですか?

「市役所の交通局です。学校を出て公務員試験を受けて、公務員一筋でした。ずっと公務員のままで一生を終えると思っていました。しかしあと少しで勤続25年、年金が出る、というときに役所を辞めました。役所内で大きな労使紛争があり人生が大きく変わったんです。収入がなくなり、子供を育てなくては、お金を稼がなくては、という中で出会ったのがFXでした。公務員は副業禁止なのですが投資は禁止ではない。いろいろやってみて、その中でFXで勝っちゃった。」

―勝った時には今教えているセオリーを編み出していたんですか?

「まぁそんな感じです。そのうち噂を聞きつけて知り合いが聞きに来て、だんだんと増えていき、誰でもわかるように、もっとシンプルにわかりやすく、と工夫していくうちに、この形になりました。」

―FXは純粋にお金儲け、という側面が強いですが、日本では「働かないで儲ける」ということに抵抗がある人が多いように思います。

「いい質問ですよ。僕も最初はFXでお金を儲けてはいけないのではないか、と思ったんです。抵抗もありました。でも家にお金を入れて子供を育てなければならない。そしたらやらなきゃ、勝たなきゃ、と思いました。そういう力ですね。儲けたい、その先には幸せにしたい人がいたので出来たことです。ただ単にお金を儲けましょう、では心に響かない。心の強さは出ないです。そこがうちの言うメンタルトレーニングです。」

安定した公務員を辞めて「起業」した心境

「毎日が楽しくてしょうがない。」

安定した公務員を辞めて起業した野口先生は、インタビューの最後にこうおっしゃいました。公務員一筋だった生活から、図らずも投資を始めたり、スクールを起業をしたりと、大きな変化を経験し、いま人生でいちばん充実しているそうです。

「僕は24年間公務員やってきましたが、起業して、人生がこんなに楽しいものだとは思わなかった。この世界を知っていたら、もっと早く起業してましたね。次のステージに飛び込んでいくのは、とてもいいことだと思いますよ。」

(ライター:小林晶子)

スクール情報

タケルFXスクール 一般社団法人 日本FX教育機構
ホームページ・受講申し込みはこちら
お問い合わせ先e-mailはこちら
電話:03-6278-8651
教室住所/銀座セミナールーム:
東京都中央区銀座6丁目16-12丸高ビル7階

  • 関連するキーワード